新事業アイデアは6つで考える

2018/11/9

ジャイロ総合コンサルティングの渋谷雄大です。

昨日から山形県の新庄に来ています。


全8回講座のうち昨日は3日目。

テーマは事業アイデアの深掘り

2時間という時間の中で、いかに事業アイデアを考えてもらうか?というテーマでしたが、おかげさまで受講された多くの方は新しい事業の筋らしきものを作り出すことができました。

事業アイデア6つのキーワード

事業アイデアを考える上で大切なキーワードは6つです。

  1. 価格を変える
  2. 価値を変える
  3. 心を変える
  4. 負担を減らす
  5. 関係性を変える
  6. 時を捉える

価格を変える

これはいままでの価格体系を変えることで新たな道筋をつくる発想です。

価格体系は大きく2種類。

相場が存在する商売(例えば飲食店のランチ)と相場が存在しない商売(例えばコンサルティング)の2種類です。

相場がある商売は相場のない商売に変えることでビジネスモデルチェンジが可能です。

今まで相場の中で戦っていた商売が、相場のないビジネスへ転換することで利益率を飛躍的に高めることが可能です。

逆に、相場がない商売に加えて、相場がある商売を組み込むことで新規開拓がしやすくなります。

コンサルティング業界は相場がないため、新規顧客を開拓することが難しい業界でもあります。たとえば、コンサルティングカフェという業態を作ってお茶を飲みながら経営相談ができるとすることで今までハードルが高かった事業者との新たなキッカケを生み出すことができるようになるかもしれませんね。

価値を変える

これは業界が当たり前にやっていた真逆の発想を取り込むことで新たに価値を生み出す方法です。

例えば、お年寄りは健康に良いものが食べたい。だから身体に優しいお惣菜中心のスーパーマーケット。という価値を疑います。お年寄りの中には、健康よりも美味しいものが食べたい。それが身体に悪くても。という市場があるわけです。

真逆の価値をもつ客層が存在しないか?と疑うことで価値を変えることができます。

心を変える

これはプラスの心とマイナスの心があります。

プラスの心とは、ワクワクするサービスのことです。子供が行きたくない場所ランキング上位の歯医者さん。ある歯医者さんはバルーンアートを勉強しました。そして子供が歯の治療をしている間、バルーンアートを作ってあげるそうです。子供は次からはあの歯医者さんに行きたい!というようになります。

マイナスの心とは、面倒だわ。という内容を解決してあげるサービスのことですね。一番わかり易いのは、返金サービスや一生保障などでしょう。

負担を減らす

お客様の負担を減らすサービスを生み出せるかどうかも重要です。

忙しいサラリーマンが家を建てようとして一番困るのが打ち合わせ。工務店の多くは対面での打ち合わせしか対応してくれません。そんな負担を減らすためにビデオ会議打ち合わせやLINE打ち合わせなどを取り込むことです。

お昼休みの空いた時間で打ち合わせすることで、お客様の負担は大幅に減らすことができます。

関係性を変える

お客様との関係性を変えることでもビジネスは伸びます。これはわたし(渋谷雄大)がそうですね。多くの講師は、演題の前でパワーポイントを説明する距離感で話をします。

わたしの場合は、聞き手の中に入っていって中心で話をします。もちろんパワーポイントは使わず、テキストもほぼ使わずにライブ感を重視して進行します。

お客との関係性は真逆です。

時を捉える

タイムリーな話題に対してすばやくサービスを提供する方法です。これはYahooリアルタイム検索などを使えば、世の中で話題になっていることをいち早く知ることができます。

そうやって得たタイムリーな情報をもとにすばやくサービス化する方法です。これは一過性の対策になりますが、それでも話題を追いかけることで新規開拓が可能となりますね。

何かを変えることで前進する

時代や政治、地域、業界に文句を言っていても何も変えることはできません。それくらいならば自社でできることを一つずつ変えていくことで周りを変えていくことのほうが100倍重要です。

まずはうえの6つの切り口を使って変えていってみてください。

山形県もがみ南部商工会経営革新塾の顔

新事業アイデアは6つで考える

ツイート シェア LINEで送る