時代の変化に対応できない会社

2018/9/19

ジャイロ総合コンサルティングの渋谷雄大です。

昨日は西新宿で販促チラシ研修の講師をさせていただきました。

時代の変化に対応できない

多くの企業で研修をさせてもらっていますが、規模が大きくなるとどうにもこうにも時代の変化との乖離が進んでいる企業に出会います。

企業コンプライアンスに敏感になりすぎて、校閲が厳しくなっていく企業。
しかしそのことで現場としては身動きがどんどん取れなくなっていく。

結果、なんだか時代遅れと感じるような状況に陥っている。

今は細い針の先で魚を捕まえるような時代です。
一昔前は、投網で一気に獲得する時代でした。

それくらいひとりひとりのこだわりは細分化してしまっています。
そうなると当然、ターゲットそのものもきめ細やく細分化していかないと売れない。
もちろんそれはチラシやSNS、提案資料など全てのものに共通していきます。

しかし企業体質が硬直していくことで、これらのきめ細やかさが発揮できなくなるんですね。
きめ細やかにすれば、当然、管理は煩雑となりがちです。規模が大きくなればなるほどその管理コストは跳ね上がります。

するとある程度ザクッと厳し目の校閲をしながら却下していく状況になっていく。
もちろん管理コストは削減できますが、一方で、顧客のニーズを拾い上げる意識は鈍くなっていきます。

細い針先で小さな魚を捕まえないとならない時代になっているにもかかわらず、未だに投網作戦。
そりゃ網に魚がかからなくなるのはあたりまえです。

そういう意味では、時代にもっとも適しているのは小さなお店や企業ですね。
そもそも管理コストも小さいですし、小さな魚を捕まえるくらいで十分やっていけます。
チャンスです!!

時代の変化に対応できない会社

ツイート シェア LINEで送る