風が吹けば桶屋が儲かる型に変わっている

2018/9/9

ジャイロ総合コンサルティングの渋谷雄大です。
今日は水戸商工会議所の創業塾最終日です!

昨日は町田商工会議所の創業スクールだったのですが、会議所のすぐ近くに七福神が鎮座しています。
実は町田で講演会をする前には七福神に成功を祈ってから会場入りしております。

風が吹けば桶屋が儲かるの時代

商売の方法が大きく変わってきています。
昔は「良い商品なので買ってください!」とストレートな売り方が可能でした。
でも今は「えっ。ちょっとじっくり調べてから考えてみます。」って言われます。

今の時代って、風が吹けば桶屋が儲かる型の商売になってきています。

直接的に売れるのはコモディティ品が中心。
みんなが知っている商品やサービス。

逆に小さなお店では今までの売り方では人は近づいてきませんね。

同じ趣味や思考を持つ人たちとの交流していく中で、意外なところから商売になったりします。

少し遠回りすることが、今の時代の最適な売り方になっています。
チラシを撒けばお客がくる。
HPを作ればお客がくる。
紹介してって頼めば紹介してくれる。
そんな時代は終わりです。

売り手が楽しみながら商売をすることで、人が近寄り、そこに結果的に商売が生まれる。
時代の変化をしっかり掴みながら商売を変えていきましょう。

風が吹けば桶屋が儲かる型に変わっている

ツイート シェア LINEで送る