営業のための業務効率化研修

研修概要

営業パーソンひとりひとりの業務効率化が求められています。
営業本来の業務である、顧客接点を増やす、事が現実的に難しくなり、間接業務である「報告業務」「会議」「研修」「過剰サービスな提案書作成」「見積書作成」「メール対応」「クレーム対応」などが急増しています。
加えて、経費削減、人員削減によるひとりひとりにのし掛かる業務負担の増加。
もうこれまでの業務効率化手法では太刀打ち出来ない状態になっています。

営業パーソンが成果を上げるために、営業力の強化と共に取り組まなければならない事が「業務効率化による時間創出」です。

本研修では、営業として第一線で活躍してきた営業コンサルタントで、現在年間150回以上の講演・セミナー・研修に加え、多数のコンサルティングを抱えてもなお、週末には自宅で家族とゆっくり過ごせるような、時間管理術・業務効率化策についてワークショップを交えて実践出来るようになって頂きます。

 

対象者

・毎日残業・帰宅が深夜になってしまう営業担当者
・漠然と仕事に追いかけられていると感じていて休みの日も仕事の事ばかり考えてしまう営業担当者
・与えられた業務を忘れてしまったり、ケアレスミスを多発させてしまう営業担当者
・顧客との商談を増やしたいのに、なぜか社内業務に日々の営業活動が忙殺されてしまう営業担当者

 

研修カリキュラム例

1日目(6時間)
●現状の業務を正確に把握する事の重要性

●時間管理術の類型

  1. TODO管理手法
  2. 時間割管理手法
  3. 1日単位管理手法
  4. 週間管理手法
  5. GTD管理手法

 

●GTD(Getting Things Done)手法って何?

  1. 頭の中を空っぽにして業務を効率化する
  2. 5つのワークフローを理解する
  3. 収集⇒処理⇒整理⇒レビュー⇒実行⇒収集⇒・・・

 

●GTD手法ワークショップ

  1. 収集(やるべき事の洗い出し)演習
  2. 処理(やるべき事の分類)演習
  3. 整理(分類したリストを整理)演習
  4. レビュー(定期チェック・予定に組み込む)
  5. 実行

実践期間:2週間程度

 

2日目(3時間)

●実践期間を踏まえてのレビュー

  1. レビュー
  2. 収集⇒処理⇒整理
  3. まとめ

●業務効率化成功のポイント